44歳女性の疲れ目体験談&実践している疲れ目対策!

疲れ目対策のやり方を説明する女性の写真 未分類

疲れ目対策のやり方を説明する女性の写真目が疲れてくると目の奥がいたくなります。

それと共に首と頭の付け根も違和感を感じて押さえると痛いです。

しばらくしてくると目の奥は痛いのはかわらずで、目のまわりのこめかみのあたりも重たくなります。

目をつむるのもじーんとして、ドライアイになった感じもでてきて、朝起きたりすると目がしっかりと、開けれないほど乾きすぎて痛いです。それも目の疲れからきていると思われます。

対策は痛くなりだすとこめかみあたりと、目のまわりの骨辺りをマッサージをします。

それだけではやはり、効果がないし、いたかったり、違和感はかいぜんできないので、目の疲れに関するドリンクをどラックストアーなので購入して購入後すぐに飲みます。

それでも、痛みが収まらないと頭痛などの痛み止を飲みます。

いまのところ、2.3日で収まるのでひどいときにはそのあとにまた、目の疲れが酷くならないようにドラックストアーで、売っていたりする、錠剤のお薬を飲みます。

一日、3回ほど飲むものです。

すこし、臭いがありますがまた、疲れがたまって酷くなると困るので一瓶終了するまで飲みます。

持続的には今のところ飲んでいません。

やはり飽き性なので一瓶で十分な感じになります。その頃には疲れも落ち着きます。

その間、やはり、目を使うことも控えるようにもしています。

仕事の活字を見たりはしかたないのですが、スマホでゲームとかもすることが多いので、ゲームも控えますし、そのときはしたくなくなります。そのぐらい、疲れの方が強いのだと思います。

ドライアイも強くなりますし頭も集中力もなくなるのでしばらくは、スマホをずっとみることも減ります。

やはり、パソコンの利用での目の疲れよりスマホでの目の疲れが大きいと思います。

そのため、ブルーライトのアプリをインストールしており、それを、利用しています。目の疲れは、ブルーライトも関係していると自分では思っていてすこし、画面は暗くなりますが目の疲れには効果はあると思っています。

コメント