34歳のサラリーマンが実践している効果抜群の疲れ目対策を紹介します!

疲れ目に効くマッサージを解説する30代男性の写真 未分類

疲れ目に効くマッサージを解説する30代男性の写真目の疲れが出るのは、長時間デスクワークで書籍による調べものをしたり、パソコンで報告書作成などをしている時、またスマートフォンでゲームや書籍を読んでいる時です。

いずれも、その動作を行っている最中には疲れを感じないのですが、動作が終わった後に、遠近のピント調節がうまくできず、遠くの物を見ようとするとぼやけて見える、眉間の辺りにダルさを感じるなどの自覚症状があります。

長時間のデスクワークなどは仕事をする上で避けようがないため、適度な休憩を取り、目を休めるようにしています。

1時間おきぐらいの間隔でパソコンから視界を外す事ができる他の仕事を用意したりもします。

また、始業から2時間が経過すると目の体操をします。

会社が推奨しているやり方なのですが、具体的には、①目を時計回り、反対周りにぐるぐると15秒間回す。②目をギュッと3秒間閉じ、パッと開くを5回繰り返す。③眉間を親指と人差し指でマッサージする。④こめかみをマッサージする。ということを実践しています。

上記のやり方でも疲れが取れない時は、お昼の長時間休憩を利用して、蒸気の出るアイマスクをつけて疲れを取ります。

静かに目を閉じて30分程度の時間で劇的に効果が感じられます。私同時にの場合はリラックスをすることが大事だと考えていますので、耳栓も着用し、疲れ対策と共に精神的な安らぎも得られています。

家に帰った後や、在宅中であれば、40度程度のお湯と冷水を準備して、それぞれに浸すタオルを準備します。

そして、目を閉じて熱いタオルを1分間瞼に乗せて温めた後、冷たいタオルを瞼の上に1分間乗せます。この動作を繰り返し5回ほど行うと、蒸気アイマスクを使用した時のように目の疲れを取ることができます。

私の場合、目の疲れは目の筋肉を長時間動かさなかった時に起こる目の筋肉の硬直から来ているように感じます。上述した2つの方法に加え、目の筋肉を鍛えるようにすれば更に改善するのかもしれません。

コメント