疲れ目による偏頭痛を解消するために実践した4つのこと!

疲れ目対策にサーフィンを取り入れた男性の写真 未分類

疲れ目対策にサーフィンを取り入れた男性の写真私の場合、目が疲れると頭痛が発生します。

また、目が乾き、コンタクトレンズがかすんで、視界不良に陥ります。

この2点は結構厄介で、その日一日を台無しにしてしまう破壊力を持っています。

もともと視力が悪く、目に関して色々苦労をしてきた私としては、下記のような対策をとっています。

まず短期的な対策としては、目の周辺のマッサージや首・肩のマッサージおよびストレッチか挙げられます。

次に中長期的な対策としては、ブルーベリーの摂取(主にサプリやブルーベリー含有の飲料)が挙げられます。

本当に酷い時は、マッサージの施術を受けに行ってしまいます。

それでも厳しいときは、頭痛薬を飲んで睡眠を取ります。

これまで、上記のように様々な対策をしてきました。

しかし、どれも根本的な解決にはつながりませんでした。

そんな私ですが、今は目の疲労とは、ほとんど無縁の生活を送れています。

目の疲労と無縁の生活を手に入れた方法は、以下の4点セットです。

・早起き
・早朝サーフィン
・バランスの良い食事
・肩周りの筋肉トレ

これらをやる事で、目の疲れと縁を切る事ができました。

「バランスの良い食事」に関しては、通常の食事内だ、目に有効な栄養を摂取することがなかなか難しいため、ブルーベリーサプリやブルーベリー含有飲料の摂取を継続的に行っています。

特に、ブルーベリー含有のヨーグルト飲料は、タンパク質も多く含んでおり、サーフィン後の疲労や、筋トレの効果アップに結びつくため、好んで摂取を続けています。

一つだけ、「目の疲労とは無縁」と申し上げましたが、やはりそれでも稀に目が疲れ、頭痛を引き起こしてしまう事があります。

そんな時はとりあえず、頭痛薬を飲んで一眠りします。

しかし、以前よりも眼精疲労防止のための身体の基盤が出来上がっているためか、服薬後の回復が驚くほど早まりました。

以前は、薬を飲んでも効かない日がありましたが、今では100%、服薬30分後には頭痛が解消しています。

同時に目の周りの疲労感も吹き飛んでいます。

コメント