【キョロちゃんが教える】自宅でできる簡単疲れ目対策5選!

キョロちゃんの疲れ目対策当サイトにお越し頂き、ありがとうございます。管理人のキョロちゃんです。

さて、このサイトにお越し頂いたということは、あなたも疲れ目にお悩みなんでしょう。

私も毎日10時間程PCと向き合う仕事をしているので、その辛さわかります。

というわけで、早速ではありますが私が実践している疲れ目対策を5つ紹介していきたいと思います。

全部自宅で簡単にできる方法なので、気になったものから実践してみてくださいね。それではレッツラゴー!

①冷・温タオルで疲れ目対策!

温めたタオルと冷たいタオルで疲れ目を癒やす写真目の奥の痛みや目のしょぼつきは血行不良のサインです。そんな時は冷温パックで目の血行を治してあげましょう。

①まずは濡らしたタオルを電子レンジで1分程温めて目を覆うように乗せます。(やけどには気をつけてね)

こうすることで、まずは目の血管が広がり、血行が良くなります。

②次に氷水でキンキンに冷やしたタオルを準備して、先程と同じように1分間目の上に乗せます。

こうすることで、目の奥の炎症を抑えることができます。

③①と②を交互に3回繰り返す。

あとは同じことを3回繰り返すだけです。目の奥の血管を広げたり、収縮させたりすることになるので、目の奥がほぐれて疲れがしっかり解消します。

めちゃめちゃ簡単な方法ですが、効果は抜群なので、目の奥が疲れて偏頭痛になってしまったときなどに実践してみてください。

②目の周りの筋肉をほぐす体操

目の筋肉をほぐす美女の写真目を使いすぎて首や肩が凝って来た時に有効な対策です。

①まずは目だけをぐるりと回転させます。右回り左回りを各5周ずつ行ってください。

PC作業やスマホの使いすぎの場合、目をほとんど動かさない状態が続きますので、目の奥の筋肉をほぐす効果があります。

②次に顔の中心に口鼻目を集めるようにギュッと目を閉じてください。3秒経ったら次は口と目を思いっきり開けてください。これを10回繰り返します。

こうすることで顔全体の筋肉が動くことになるので、凝り固まった表情筋をほぐす効果があります。

③目の前に人差し指を立てて、指を目で追いかけるように前後させる。これをゆっくり20回前後させる。

こうすることでピント調節機能がほぐされて目のぼやつきがなくなります。

目の周りの筋肉をほぐす体操は5分もあればできる対策なので、手軽にやれておすすめです。

③食べ物を意識して疲れ目対策

疲れ目に効果があるブルーベリーの写真この対策は1日2日で改善する方法ではありませんが、慢性的な目の疲れを感じている人は日頃から意識することが大切です。

というわけで、疲れ目に効果がある成分や食べ物を紹介していきます。

<ルテイン>
普段の生活ではあまり聞き慣れない成分かもしれませんが、ルテインは水晶体や網膜の酸化を防ぐ、とても重要な役割があります。疲れ目やドライアイ以外にも白内障や緑内障などの眼病予防にも効果がある成分です。

食品から摂取するのは少し難しいのでルテインが配合されたサプリを飲むことをおすすめします。

<ブルーベリー>
これはかなり有名な話なのでご存知のかたも多いと思いますが、噂通りブルーベリーは疲れ目暖和に効果を発揮します。

生のブルーベリーだけでなく、ジャムやヨーグルトとして食べてもOKです。

ブルーベリーに含まれるアントシアニンという成分が目に入る光を調節してくれるので、PCやスマホをよく使う人には特に効果的です。

また、食品として食べるだけでなくブルーベリーサプリとして飲むのもおすすめ。特にブルーベリーサプリは価格も安いので続けやすいと思います。

何を買ったらいいかわからない人はブルーベリーサプリの人気ランキングなどを参考にして試してみてください。

<黒酢>
黒酢は血管のつまりを防ぐ効果があるので、目のコリはもちろん、肩こりや首こりの解消にも効果を発揮してくれます。

血液がサラサラになるので、食生活を見直す上ではかなりいい食材です。そのまま飲んでもいいですし、酢豚などの料理にして食べてもいいと思います。

④疲れ目の症状別に目薬を買う

疲れ目の症状によって目薬を使い分ける薬局にいくと山のように種類がある目薬ですが、目の症状ごとに使い分けることで、効果を何倍にもすることができます。

ドライアイの人は潤い重視の目薬、疲れ目で目がショボショボする人はビタミンを補給できるタイプの目薬、といったように選択していきましょう。

またコンタクトをしている人は必ずコンタクト用の目薬を選択するようにしてください。コンタクト用だと刺激が弱いから嫌だと言う人もいますが、コンタクトが汚れてしまうので、目にとって良くないです。

⑤目の疲れない環境づくりも大切!

散歩をして疲れ目対策最後は疲れ目対策というよりは強制的に目を休める話ですが、物理的にPCやスマホ、テレビなどと距離をとることもとても重要です。

仕事でPC作業が多い場合、どうしても仕方ない所はありますが、そういう時は1時間に1回は席をたって軽く歩くようにしましょう。

目の疲れは必ずしも目が原因というわけではありません。PC作業中の姿勢で首や肩、腰が凝り固まることでも疲れ目が発動します。

ですから、1時間に1回は立ち上がって身体全体の血行をよくしましょう。

もっと言うなら、お昼を食べたあとと夕食の前後で1日に2回ぐらい10分程度の散歩を取り入れるだけでも疲れ目になりにくい身体は完成します。

キョロちゃんの疲れ目対策まとめ

今回は管理人のキョロちゃんが日頃から実践している疲れ目対策を紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

最初から全部をやろうとすると中々大変なので、できることから1つずつ取り入れて頂ければと思います。

慢性的な疲れ目は1日でなんとかできるものではないので、毎日意識的に対策していくことが重要です。

このサイトにお越しのみなさんを少しでも疲れ目から開放できれば幸いです。